熟睡の方法と安眠対策TOP > 熟睡法のポイントとは? > 睡眠の大切さについて

睡眠の大切さを考えよう

 

睡眠の大切さは皆、実感している

睡眠の大切さは、改めて言うまでもないでしょう。
たった1日睡眠不足になっただけで、翌日は頭が働かず、生活の質(QOL)が低下してしまいます。それほど1回1回の睡眠は、生きていく上で重要な役割を果たしているわけです。

現代人の問題点は、睡眠の大切さは自覚していながらも、睡眠時間が不足している状況にあることです。遊びや仕事で物理的に睡眠が取れないこともあります。この場合は、週末に寝だめをして帳尻を合わせているわけです。あるいはストレスや悩みがあって、寝たいのに寝れないこともあります。後者は不眠の症状であり、これが1ヶ月以上続くと、深刻な睡眠障害となります。

睡眠の大切さは、幼児や子供のころは自覚しません。
ずっと起きていようとしても、いつのまにか眠ってしまうからです。これは体を成長させるために、深いノンレム睡眠が必要なため。また睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が多いためでもあります。

ところが成長期をすぎると、体を大きくする必要がなくなるため、成長ホルモンの分泌量が低下します。すると必然的に、それまでよりも深い睡眠が減少することに。そのため、ちょっとしたストレスがかかると、寝れないことになるのです。また夜遊びや付き合いなどで、夜更かしすることも多くなります。こういったことが重なると、心身の不調を体験するようになり、睡眠の大切さを実感するわけです。

それぞれの睡眠の大切さ

睡眠の大切さといっても、浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠とでは、その役割が異なります。

  • レム睡眠・・・精神疲労の回復、記憶の整理、体の休息
  • ノンレム睡眠・・・体のメンテナンス、大脳の休息

レム睡眠の大切さ

レム睡眠は覚醒に近く、頭は起きている状態です。
このときに記憶の整理が行なわれ、夢を見ることが多くなります。人間は起きている間は、ずっといろいろな情報が頭に飛び込んできて、保存されています。そのため睡眠中に、それらを整理して、あるべき場所へ格納する作業が行なわれているのです。パソコンでいうと、デフラグの作業に当たります。一夜漬けは記憶を整理しておらず、短期記憶なので、そのあとすぐに忘れてしまう原因となります。

このことは嫌な記憶を薄める効果もあります。
一晩寝ると、昨日起きた嫌な記憶が薄れていることは、誰もが経験しているでしょう。これも記憶が整理された結果です。自分に不利な記憶は、できるだけ留めないようにする防衛本能だと思われます。

ノンレム睡眠の大切さ

ノンレム睡眠のときは大脳全体が機能ダウンして、深く休んでいます。
ほとんど意識がない状態で、揺り動かしてもなかなか起きません。大脳が休んでいるとはいえ、睡眠中枢は活発に活動してます。心臓や内臓、体温や血圧、ホルモン分泌などを調節している自律神経は活動を続けているわけです。

ノンレム睡眠の大切さは、大脳を休めることによって朝起きたときに、熟睡感が得られることでもわかります。もっとも深いノンレム睡眠は、寝初めの3時間(とくに90分)に多く現れます。ですから、たとえ3時間睡眠であっても深い眠りが取れていれば、熟睡感を得ることは可能です。このへんに熟睡の方法や短時間睡眠の秘密がありそうです。

成長ホルモンの役割

ノンレム睡眠が現れているときは、同時に脳下垂体前葉から成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは体のメンテナンスをするためのたんぱく質で、以下のような大切な役割があります。

起きているときにはできないようなことを、寝初めの90分間のノンレム睡眠の間に行なっているのです。

  • 体を成長させる
  • 脂肪を燃焼させる
  • 肌の新陳代謝を行なう
  • 免疫力を向上させる
◆ 体を成長させる

成長ホルモンには体の骨や筋肉を発達させる働きがあるので、子供にとって最も大切です。そのため前述したように、知らない間に寝入ってしまうわけですね。

もちろん大人になってからも大切です。たとえば筋力トレーニング後などは、筋繊維の修復作業が行なわれ、超回復がなされます。高齢者は、体を成長させる必要がなくなるため、分泌が減少し、眠りが浅くなるわけです。

◆ 脂肪を燃焼させる

そのほか成長ホルモンは脂肪の燃焼を促進します。
言ってみれば寝ている間に、ダイエットをしていることになります。睡眠時間の初めの方は成長ホルモンによって脂肪を燃焼し、後半はコルチゾールによって脂肪を分解・燃焼するというスケジュールになっています。

いずれにしても睡眠中のダイエット効果を最大にするには、寝る前にお腹をからっぽにして、消化・吸収を終わらせておくことが大切なポイントになります。そうすると体の脂肪が消費されるようになります。

◆ 肌の新陳代謝を行なう

ノンレム睡眠の大切さは、肌の美しさを保つことでもわかります。
女性にとって寝初めの3時間(とくに90分)は、お肌のゴールデンタイム。このときに、起きている間に紫外線などによって傷んだ皮膚の修復が進みます。逆に言うと、肌が荒れていたり年齢以上にふけて見える人は、深いノンレム睡眠を取れていないわけです。

◆ 免疫力を向上させる

ノンレム睡眠の大切さは、免疫力を向上させるためでもあります。
人は起きている間に白血球が、外敵であるウィルスや細菌と休まずに闘ってくれています。睡眠中は、そういった白血球が英気を養い、力を蓄えるときでもあります。また病気になると発熱して眠くなりますが、このとき体温を上げることによって、睡眠中に病気を撃退しているのです。

 

睡眠の大切さは、このように起きているときは活動し続けている心身をゆっくりと休ませ、疲労を回復させる大事な時間帯ということからも分かります。これによって翌日にまた、新たな心身の状態にリセットされ、はつらつと毎日を生きていけるわけです。

不眠症を解消するための熟睡方法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら