熟睡の方法と安眠対策TOP > 熟睡法のポイントとは? > 睡眠時間とダイエットの関係とは?

睡眠時間はダイエットに影響する

 

睡眠時間とダイエットの関係は、どのようになっているのでしょうか?

まず結論からいうと、寝不足になると食欲が増すため太りやすくなります
これは以下の理由によります。

  • レプチンとグレリンというホルモンの変化
  • 夜食を食べてしまう
  • 危機的状況により、脂肪をため込もうとする
  • セロトニンが不足する

このように睡眠不足は太る原因になるため、へたに熟睡の方法とか、短時間睡眠法を実践するのは避けたほうがよさそうです。短眠法の実践の条件として小食がありますが、食欲が旺盛になるのに食べれないとなると、かなりのストレスがたまることになります。

レプチンとグレリン

まずレプチンとグレリンというサイトカインの分泌が乱れるために、短い睡眠時間はダイエットの敵となります。

レプチンとは脂肪細胞から分泌される生理活性物質。脳の満腹中枢に働きかけて、食欲を抑える働きがあります。レプチンの分泌量は、肥満になるほど減少するといわれますが、睡眠不足になっても分泌量が低下します。そのため、寝不足になると、どうしても食欲が旺盛になって食べ過ぎてしまうわけですね。

短い睡眠時間がダイエットに悪いのは、レプチンの減少とともに、グレリンというホルモンの分泌量が増加するからでもあります。グレリンは胃から産生される物質。摂食中枢を刺激することによって、食欲を亢進する働きがあります。そのため、ますます食欲が出てきて食べたくなるわけです。

夜食を食べてしまう

不眠症になって夜に寝れないと、その辛さを和らげようと、夜食を食べがちになります。そのため短い睡眠時間はダイエットを阻害する原因になるのです。

起きている時間が長ければ、どこかでエネルギーを補給しなければならなくなります。そのため、どうしてもお腹がすいてきて、必然的に摂取量が増えるわけです。しかも夜間は体をあまり動かしませんから、消費カロリーが少なくなり、ますます脂肪がつきやすくなるのです。

ものを食べるということは、交感神経を和らげて、副交感神経を優位にする反射。人はものを食べることによって、気分がリラックスするのです。そのため、ものを食べると眠くなってきますが、ここで寝てしまうと、今度は浅い眠りになります

寝初めはノンレム睡眠が現れ、本来は成長ホルモンが分泌されて脂肪を燃焼します。ところが胃の中に食べ物が入っているので、深い眠りに入っていけなくなり、成長ホルモンの分泌量が低下します。そのため脂肪があまり燃えなくなります。また寝る前に食べたものをエネルギー源にしようとするため、成長ホルモンによる脂肪の燃焼は、不要になってしまいます。

そのほか寝る前に食べると、睡眠の後半に現れるはずのコルチゾールの分泌も妨害することになります。コルチゾールは脂肪を分解して、寝ている間にエネルギーを作り出してくれる大切なホルモン。その結果、ますます体脂肪を燃焼できなくなり、肥満のもとになります。

危機的状況により、脂肪をため込もうとする

短い睡眠時間がダイエットに悪いのは、体が危機的状況にあると判断してしまうからです。そのため、できるだけエネルギーを使わないようにして、脂肪をためこもうとするのです。

その境目は、だいたい6時間あたりではないでしょうか?
人は、6時間の睡眠であれば、なんとか眠気を感じずに日中を活動的に過ごすことができるからです。

危機的状況には、そのほか過度のストレス、過度の絶食、カルシウムの不足などがあります。万一に備えて、体(脳)が脂肪をストックしようと働くのです。

セロトニンが不足する

短い睡眠時間がダイエットに悪影響を与えるのは、セロトニンが不足しているからでもあります。だいたい不眠症で悩んでいる人は、体内のセロトニンが不足しています。そのため睡眠ホルモンであるメラトニンを、うまく分泌できないわけです。

セロトニンには、脳の満腹中枢に働きかけて、食欲を抑える働きがあります。
セロトニンを増やすには、トリプトファンを多く含むバナナや牛乳、大豆、肉を摂取することが大事です。そのほか太陽の光に、よく当たることも大切。セロトニンが増えれば、うつ病対策にもなります。

不眠症を解消するための熟睡方法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら