熟睡の方法と安眠対策

 

熟睡の方法と安眠対策では、睡眠の質を高め、効率的に眠るコツを解説しています。

日本人の5人に1人が睡眠の問題で悩んでいるとは、よく聞きます。
別の統計では、日本人の約3分の1が、自分の眠りに不満を持っているといいます。つまり朝起きたときに、熟睡感が得られていないと感じているわけです。ここに熟睡の方法が必要になってくる理由があります。

夜の光が熟睡をさまたげる

日の出とともに起床し、日の入りとともに寝入る生活をしていたころは、不眠の悩みはなかったに違いありません。睡眠時間も十分取れたことでしょう。眠りをさまたげる不要な光もないので、メラトニンも多量に分泌され、深い眠りが取れたと推測されます。

しかし現代は夜型社会であり、夜間も光であふれています。
太陽が沈んでからも、電気を煌々とつけ、強い光を発するテレビやパソコン、ゲーム機を見ています。これらは、かならずどこかで睡眠障害の一因となっているはずです。強い光によってメラトニンの分泌量が低下すれば、それだけ浅い眠りになってしまうことは想像にかたくありません。

熟睡の方法によって工夫する

しかし、夜に電気をつけないことは理想論であり、現実的ではありません。
そこで熟睡の方法が大切になってくるのです。夜の生活は大事にしながらも、いかにして深い眠りを取るかということですね。ここで人間の知恵が試されます。

たとえば飽食の時代になって、カロリー過多から、肥満やメタボリック症候群などが問題になってきました。便利さの影には、健康被害が潜んでいるわけです。夜型社会になって、たしかに人々の生活は便利になったかもしれません。しかし、その代償として今、睡眠が脅かされているのです。

肥満の問題に関しては、おいしいものを全く食べないのではなく、知恵を働かせることが重要です。生活に運動を取り入れたり、一食だけをダイエット食材に変えたりすることで、カロリー消費量と摂取量のバランスを取ることができます。

それと同様に不眠の問題でも、夜はできるだけ照明を落とし気味にしたり、有酸素運動や快眠食を取り入れるなど、人間の知恵によって、いくらでも熟睡の方法を考え出すことができます

熟睡の方法は、短眠法ではない

熟睡の方法が求められている背景には、起きているのが楽しいから、できるだけ睡眠時間を短くしたいという人がいます。あるいは、残業が終わって、家に帰ってからも資格試験の勉強をするために睡眠を削らなければならないという人もいます。つまり熟睡の方法とは、短時間睡眠の方法と思われているところがあります。

しかし不用意に睡眠時間を短縮することは、心身の健康を損ねることになるので要注意です。たしかに熟睡の方法によって睡眠が濃縮されれば、たった3時間寝ただけでも心身の疲れは取れるでしょう。しかし、それで1日を生き抜けるかというと、それも困難です。朝や昼は乗り切れても、夕方あたりから耐え難い眠気がくることがあります。それは、脳には相当な負担が掛かっていることを意味します。

気をつけるべきことは、自分では睡眠を短縮しても大丈夫だと思っていても、脳と心臓のほうは、けっこうなダメージを受けているという点です。睡眠不足になると、体内にストレスホルモンであるコルチゾールが増えます。それは1日中、血糖値や血圧が上昇し続けるということ。やがて糖尿病や動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳卒中へとつながっていく危険があるのです。

このように熟睡の方法とは、イコール短時間睡眠法(短眠法)ではありません。
深く眠りつつ、個人個人が持つ必要睡眠時間をも、しっかりと確保することなのです。これこそが良い睡眠の定義といえます。

当サイトが熟睡の方法をご紹介することで、皆様の眠りの質が、今よりも改善されれば幸いです。

不眠症を解消するための熟睡方法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら

不眠の症状とは?・・・不眠症には、四つのタイプがあります。寝れないときは、まずは自分が、どれに属するのかを知ることが大切です。

(PR) 睡眠を熟睡に変える方法は日中の運動にヒントが。 / 寝れないときの対策として、軽くストレッチすると効果的。 / 睡眠を快眠にするコツとしてアロマや音楽も有効。 / 快眠のコツとは?・・・朝食をしっかりとって体内リズムを調整。 / 不眠解消の秘訣とは?・・・太陽の光を浴びて体内時計をリセット。 / 不眠症解消の秘訣とは?・・・意外に枕を変えることも効果があります。 / 不眠症を改善 / 脂肪を落とす方法とは?メタボと睡眠・・・しっかり眠ることが脂肪の蓄積を予防。